• 渡邊 優

昨日は自身の集客のための、30年振りのポスティングをやってきました。

30年振りのポスティングは、チラシが重い!やたらと重い!

700枚ほど持って出たのですが、気合を入れて厚い紙で印刷したのは失敗でした。

そういえば15歳当時の私も、重い重いと思いながら、早く減らないか早く減らないかと集合住宅ばかりを重点的に配っていたものです。場所は品川から大井町でした。


そして今回は湘南地区。

今回配ってみて思ったのですが、駅前以外にマンションが全然ない・・・

そしてやっと見つけたマンションも、オートロックでポストまでたどり着けない・・・

新聞はどうするんだろう??と、時代の流れを感じながらも、しぶとく一軒家に投函しながら遠くの方に見つけた集合住宅も、辿り着いてみると老人ホーム施設という不運・・・

流石にガクッとなりましたよ!

そして昔と比べて「チラシ無断投函一切お断り」のポストが多いこと。

もちろん入れますが(笑


それでも良いことも多々発見、まずこの天気。

この夏と秋の境目の天気はとても清々しく、歩くのが本当に気持ちいいです。

そして、ゆっくり歩くとその町の匂いや人々の暮らし、色んなものが色づいて見えて、生きてるな〜と実感し楽しかったです。


このポスティングは、これからの長い仕事の集客の一つとなるので、のんびりと、気長に続けられたらいいと思います。


明日は両親と山梨までぶどう狩りに行きますのでブログはお休みします。

また明後日、山梨の秋をお届けします。




最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。