top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は自身の集客のための、30年振りのポスティングをやってきました。

30年振りのポスティングは、チラシが重い!やたらと重い!

700枚ほど持って出たのですが、気合を入れて厚い紙で印刷したのは失敗でした。

そういえば15歳当時の私も、重い重いと思いながら、早く減らないか早く減らないかと集合住宅ばかりを重点的に配っていたものです。場所は品川から大井町でした。


そして今回は湘南地区。

今回配ってみて思ったのですが、駅前以外にマンションが全然ない・・・

そしてやっと見つけたマンションも、オートロックでポストまでたどり着けない・・・

新聞はどうするんだろう??と、時代の流れを感じながらも、しぶとく一軒家に投函しながら遠くの方に見つけた集合住宅も、辿り着いてみると老人ホーム施設という不運・・・

流石にガクッとなりましたよ!

そして昔と比べて「チラシ無断投函一切お断り」のポストが多いこと。

もちろん入れますが(笑


それでも良いことも多々発見、まずこの天気。

この夏と秋の境目の天気はとても清々しく、歩くのが本当に気持ちいいです。

そして、ゆっくり歩くとその町の匂いや人々の暮らし、色んなものが色づいて見えて、生きてるな〜と実感し楽しかったです。


このポスティングは、これからの長い仕事の集客の一つとなるので、のんびりと、気長に続けられたらいいと思います。


明日は両親と山梨までぶどう狩りに行きますのでブログはお休みします。

また明後日、山梨の秋をお届けします。




最新記事

すべて表示

魅了されている・・

自己の執着の源を発見するに従って、私たちは自分自身に魅了されているという、極めて重要な驚くべき発見にいたります。 私、真実と主観性より これを読んだ時、自分のパターンそのままだと思いました。 すごいと思われたい、負けたくない、自分は正しい、自分の方が上、思い通りじゃなきゃ嫌だ、全て自分に魅了されている言動です。まるで世界が自分中心で回っているかのよう!現実はそうではないのにです。実際は負けることも

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page