• 渡邊 優

昨日は井上尚弥選手のWBSS決勝を自宅で観戦しました。

正直私は、ボクシングというものを今までスポーツとして見ていませんでした。

それは、殴り合い、喧嘩の延長であり、戦っている選手もやんちゃで、我こそは最強だと力自慢をし、相手を打ち負かして悦に浸るという野蛮で危険な競技だと思っていたのです。


しかし、昨日の試合を見てからはその考えが一変しました。

ボクシングとは互いの高等技術を出し合い、肉体の全てでぶつかり合うスポーツだと。

それほどお二人の試合が技術の応酬で、喧嘩らしいところは微塵もなく、クリーンで爽やかで、内面と肉体を極限まで鍛え抜かれたお二人の試合に感動したのです。


どれほどのプレッシャーを抱えながら練習してきたのだろうと思うと、お二人には尊敬の念を抱きます。

そう感じたのは恐らく私だけではなく、会場にいた全ての方がそう思っていたと思います。

負けた選手がリングを去る時も、スタンディングオーベーションで見送られていました。

試合後もお二人は健闘を称え合いハグをしていました。頂点に立つもの同士だけがわかるハグなんだと思います。その姿が美しかった。

きっとそれは、感謝であり、尊敬であり、共感などだろうと思います。


久しぶりに感動する面白い試合を見ました。


井上選手、おめでとうございます。



最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ