• 渡邊 優

昨日は井上尚弥選手のWBSS決勝を自宅で観戦しました。

正直私は、ボクシングというものを今までスポーツとして見ていませんでした。

それは、殴り合い、喧嘩の延長であり、戦っている選手もやんちゃで、我こそは最強だと力自慢をし、相手を打ち負かして悦に浸るという野蛮で危険な競技だと思っていたのです。


しかし、昨日の試合を見てからはその考えが一変しました。

ボクシングとは互いの高等技術を出し合い、肉体の全てでぶつかり合うスポーツだと。

それほどお二人の試合が技術の応酬で、喧嘩らしいところは微塵もなく、クリーンで爽やかで、内面と肉体を極限まで鍛え抜かれたお二人の試合に感動したのです。


どれほどのプレッシャーを抱えながら練習してきたのだろうと思うと、お二人には尊敬の念を抱きます。

そう感じたのは恐らく私だけではなく、会場にいた全ての方がそう思っていたと思います。

負けた選手がリングを去る時も、スタンディングオーベーションで見送られていました。

試合後もお二人は健闘を称え合いハグをしていました。頂点に立つもの同士だけがわかるハグなんだと思います。その姿が美しかった。

きっとそれは、感謝であり、尊敬であり、共感などだろうと思います。


久しぶりに感動する面白い試合を見ました。


井上選手、おめでとうございます。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で