• 渡邊 優

コロナ後の世界、ホワイト革命という岡田斗司夫さんの動画を見ました。

単純に興味からでしたがなかなか面白かったので、自分の考えをまとめる目的で、今日はこのホワイト革命について書いていこうと思います。


ホワイト革命

初めて聞く単語です。

簡単に説明すると、SNSや日常でのネガティブな発言や行動はこれから迎える信用スコア社会「既に中国で始まっている」において非常にマイナスになる世の中のことを指します。

今でも既にSNSなどではネガティブな発言をする他者を、ブロックやミュートをして精神的に自分を守り、ネガティブを排除してポジティブなものだけを取り込もうとしています。


ネガティブな発言や行動は信用スコアが下がり、ポジティブな発言や行動は信用スコアが上がる、それがこれから迎えるホワイト革命ということでした。


また、ここでいうネガティブな人は、電車の中で灯油を撒いたり、電車で人を刺したりする予備軍と見做されるとのことです。そしてそんな世の中が良しとされるのは、常に前向きでポジティブシンキング、自他に対して肯定的で、見た目も心も美しく、綺麗な人と世の中であり、不倫や人の悪口は汚いものと見做され、倦厭され、信用スコアも下がるとのこと。


「ネガティブを手放して、ポジティブなものだけを手に入れる」

果たしてそんなことができるのだろうか?というのが私の率直な感想でした。


実際私も、自分のネガティブを倦厭して、手放そうとした時期もありました。でもそれは、自分のネガティブ、自分の黒パターンを否定することであり、非常に苦しい思いをしたのが実情でした。自分を否定するというのは苦しいものです。結果手放すなんてことはできず、受け入れ、認め、許していくしかないのが現実でした。


しかし、人の進化成長というのはもしかしたら、自分を否定し、苦しむという体験を通してからじゃないと成長できないのかもしれません。その布石となるのがホワイト革命だとも思います。


黒パターンは悪ではない、育っていない私が問題だということを、自ら苦しむ体験として解らないと、人は成長できないのかもしれません。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で