top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分のパターンにとってマイナスだと思っていることは、同時にプラスのことが起こっていて、

また同じようにプラスの良きことが起きても、マイナスのことが起こっている。


ノートを見返していたらこのようなことが書かれていました。

ここで大事なことは、パターンにとって、ということです。

まさに今私が実感していることなので、目に止まったのだと思います。


パターンにとって良きことは、上手くいった出来事、成功体験、それに伴う優越感や高揚感、ワクワクやドキドキ、多幸感を感じることだと思います。

しかし同時に、内側ではマイナスの出来事も生じています。

それは慢心や驕りが芽生え、傲慢になったりもします。また一度覚えた優越感や高揚感に囚われ、それをもっともっとと追い求めてしまうというもの。


またパターンにとってのマイナスの出来事とは、失敗や間違い、低評価、それに伴う恐れや不安、罪悪感や自責、という感情だと思います。

しかしそれは同時に、これから自分はどうあるのか、どうするのか、という自分と向き合ったり、克服するための努力のきっかけにもなります。

まさに成長している瞬間かもしれません。


どちらにもプラスとマイナスがあり、真ん中にあるのが、ただ一つの体験です。(達観レベル)

まだ腹落ちするレベルでそこを実感してはいませんが、この体験の中で、何を今自分は学んでいるのか?それを自らに問うことはできるのだと思いました。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page