• 渡邊 優

自分のパターンにとってマイナスだと思っていることは、同時にプラスのことが起こっていて、

また同じようにプラスの良きことが起きても、マイナスのことが起こっている。


ノートを見返していたらこのようなことが書かれていました。

ここで大事なことは、パターンにとって、ということです。

まさに今私が実感していることなので、目に止まったのだと思います。


パターンにとって良きことは、上手くいった出来事、成功体験、それに伴う優越感や高揚感、ワクワクやドキドキ、多幸感を感じることだと思います。

しかし同時に、内側ではマイナスの出来事も生じています。

それは慢心や驕りが芽生え、傲慢になったりもします。また一度覚えた優越感や高揚感に囚われ、それをもっともっとと追い求めてしまうというもの。


またパターンにとってのマイナスの出来事とは、失敗や間違い、低評価、それに伴う恐れや不安、罪悪感や自責、という感情だと思います。

しかしそれは同時に、これから自分はどうあるのか、どうするのか、という自分と向き合ったり、克服するための努力のきっかけにもなります。

まさに成長している瞬間かもしれません。


どちらにもプラスとマイナスがあり、真ん中にあるのが、ただ一つの体験です。(達観レベル)

まだ腹落ちするレベルでそこを実感してはいませんが、この体験の中で、何を今自分は学んでいるのか?それを自らに問うことはできるのだと思いました。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で