• 渡邊 優

自分のパターンにとってマイナスだと思っていることは、同時にプラスのことが起こっていて、

また同じようにプラスの良きことが起きても、マイナスのことが起こっている。


ノートを見返していたらこのようなことが書かれていました。

ここで大事なことは、パターンにとって、ということです。

まさに今私が実感していることなので、目に止まったのだと思います。


パターンにとって良きことは、上手くいった出来事、成功体験、それに伴う優越感や高揚感、ワクワクやドキドキ、多幸感を感じることだと思います。

しかし同時に、内側ではマイナスの出来事も生じています。

それは慢心や驕りが芽生え、傲慢になったりもします。また一度覚えた優越感や高揚感に囚われ、それをもっともっとと追い求めてしまうというもの。


またパターンにとってのマイナスの出来事とは、失敗や間違い、低評価、それに伴う恐れや不安、罪悪感や自責、という感情だと思います。

しかしそれは同時に、これから自分はどうあるのか、どうするのか、という自分と向き合ったり、克服するための努力のきっかけにもなります。

まさに成長している瞬間かもしれません。


どちらにもプラスとマイナスがあり、真ん中にあるのが、ただ一つの体験です。(達観レベル)

まだ腹落ちするレベルでそこを実感してはいませんが、この体験の中で、何を今自分は学んでいるのか?それを自らに問うことはできるのだと思いました。

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、