• 渡邊 優

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。

それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。


また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。

それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でもあるのです。


そしてこのプライドというもの、とても偏屈で頑固なのだと思いました。

どんな頑固さかというと、それはプライドが高いがゆえに、ごめんなさいと謝ることができなかったり、自分の間違いを認められなかったり、自分の弱さを認められなかったり、自他を許せなかったり、他人を認められなかったりと、プライドを守るための言い訳と防御に奔走します。


そう考えるとプライドって、自分を守る為の鎧であり、自分を大きく見せるための鎧なんだな〜と思いました。しかもその鎧は現実的ではなく、実態のない幻の鎧です。


この鎧を脱ぐのにはとても勇気がいるのだけど、重い鎧を脱いで、自分を楽にさせてあげよう。

そんな風に思いました。

最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実