• 渡邊 優

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。

それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。


また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。

それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でもあるのです。


そしてこのプライドというもの、とても偏屈で頑固なのだと思いました。

どんな頑固さかというと、それはプライドが高いがゆえに、ごめんなさいと謝ることができなかったり、自分の間違いを認められなかったり、自分の弱さを認められなかったり、自他を許せなかったり、他人を認められなかったりと、プライドを守るための言い訳と防御に奔走します。


そう考えるとプライドって、自分を守る為の鎧であり、自分を大きく見せるための鎧なんだな〜と思いました。しかもその鎧は現実的ではなく、実態のない幻の鎧です。


この鎧を脱ぐのにはとても勇気がいるのだけど、重い鎧を脱いで、自分を楽にさせてあげよう。

そんな風に思いました。

最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ

自分のことをやる

私は時々「いいなあいつ、いいよなあいつばかり」そんな風に他人に囚われて自分のやることを疎かになるときがあります。それは他人を羨ましがるパターンであったり、他人と自分を比較するパターンだったりします。 そんな他人と比較したり、他人を羨ましがったりしているときは、エネルギーや集中力が分散して地に足が付かず、心ここに在らずの状態。そんな状態ですから、自分の課題に集中できる訳もなく、無駄にエネルギーと時間