top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今週末には依頼しているフライヤーが上がってきます。

約30年ぶりのポスティングとなるわけですが、昔アルバイト時代にやっていたポスティングは確か、1枚2円で一日に2000枚ほど配っていた記憶があります。

当時は15歳、今は45歳、色々と思い出しながら、当時の記憶を辿ってみるのも良いかなと思っています。


そして、ホームページを作るときも、ブログを始めるときも、今回ポスティングをするのも、やっぱり緊張します。

それは、「失敗が怖い」というパターン。

なぜ怖いのか・・・

自信もないし、ダメだと思われたくないし、そして傷つきたくないと、他人のジャッジや評価を極端に気にします。そして、もう自分にがっかりしたくないと。。。

このパターンが強いと、挑戦や推進力を阻み、言い訳や逃げる口実が増えて、それを必死に正当化します。ここは私にとっては悶々とする領域なので、しっかりケアしていこうと思います。


そしてその反対の白は、

〇もしかしたらもう、他人のジャッジを怖がらなくてもいいのかもしれない。

これをしっかり選んで、チラシをお届けしようと思います。


では、よい週末をお過ごしください。




最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page