top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

ピアノを始めてみて、毎回課題(宿題)を出されるのですが、それが結構楽しいです。

学生の頃は、家でやってくる宿題は時間も取られどこか面倒臭く感じていました。

ですが、ピアノの課題はできた時の喜びやクリアーした時の達成感を楽しみに取り組むことができます。


どうして昔と今では取り組み方が違うのか考えていました。大きな違いは、きっと今はプロセスを楽しめるようになっているのだと思います。必死に指に叩き込み、何回でも練習するといずれそれはできるようになると体と脳が分かっているから、プロセスを楽しめるのだと思います。

これが絶対に無理・・(いきなりショパンとかバッハとか)というものであればきっとすぐさま諦めていると思います。今の自分のレベルよりも少し高い課題を与えられ、それに取り組む楽しさ、面白さをプロセスとして楽しめているのだと思いました。


そう考えると人生やパターンの課題も、自分に超えられる課題しか与えられないのだと思います。

課題の最中にいるとき人は、苦しさや辛さを味わうかもしれません。ですが、そこから少し離れて自分を見たとき、今までと何ら変わらない一つの課題がそこにあるのだと思いました。

そのただの課題を丁寧にクリアーすると、気付かぬうちに随分来たのだと実感するのだと思います。


今までもクリアーするたびに、これで最後か?まだか?なんて考えたことがありましたが、今ならわかります。この旅には終わりがないと、まだまだ先があると、だからこそ面白いのだと思いました。

それは、自分の成長を実感できからこそ、面白いのだと思います。

最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Kommentare


bottom of page