top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターン(エゴ)はいけないものだ。

自分を見る時によく引っかかっていた私のパターンです。


なぜいけないのか・・・

なぜならば、パターンはレベルが低くて、自分を苦しめる存在だし、利己的で周りに迷惑だからと、思っていたからです。またそんな自分のパターンを嫌悪し、不快に思い、自分を見ること、知ることも嫌になっていました。知れば知るほど、自分のダメな部分を突きつけられている気がしていたのです。だから、パターンはいけないものだと思っていたのです。またこのパターンがあると、他人にも自分にそのパターンがあることを知られないように隠します。見せたくないのです、自分の醜い(と決めつけている)部分をです。


このパターンをケアし、そして、黒パターンはいけないものだ、醜いものだと決めつけて自分を苦しめるのはやめよう。と白パターンを選んでからは、少しづつ自分を見ることに抵抗感がなくなってきました。


一般的には妬みや僻み、羨み、またネガティブな感情はいけないものだと思われています。

ですからそこに蓋をし、見て見ぬふりをして暴れ回るパターンを無視し、また押さえつけます。でもそれは逆効果で、ちゃんと直視し、認め、受け入れることでそれらは大人しくなるのです。


内側で起こることの真理は、実は全て逆のことを教えられてきた気がします。


私はまだまだ知らないことが多い、それを踏まえて、学んでいきたい。

パターンはあっていいものだと。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


bottom of page