top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

黒パターンって、自分に危害が及ぶのをとにかく嫌がるのだと思いました。

自分のパターンを見ていると、傷つくのも、一人ぼっちになるのも、全て自分に危害やしわ寄せ、不快感を味わいたくないために、自分を正当化して何とかその対象を変えたり、排除しようとしているのだなと思ったのです。


ですが、そんなパターン達に守られて今までなんとかやってこれたのも事実で、そのパターン達に感謝を持ちながら、「これからは私があなたを守っていくからね、そのままそこにいていいからね。と言う私がいる」その世界は、他者や自身のパターンを変えるのではなく、私の変化を促しているのだと思います。私が包括し、受け止めていく変化。


私の場合、自分に自信が持てなかったり、自分にダメだししたり、将来に不安を覚えたり、全て思い通りにしたいという自己中であったりと、それら全てに対してOKを出していく。それがあってもいいと。その感覚はホッとするような、理解されている安心感です。


今日もこの安心感を抱きながら、新たな先に進める白パターン。

◯もう自信を求めなくてもいい、等身大の自分でいよう。

を選んでいきたいと思います。

Let's Challenge !



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


bottom of page