top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

誰かに何かを言われたり、されたりしてパターンが騒いだあとに中立ワークをするのですが、その中のプラスの意味づけで「自分のパターンに気づける」というものがあります。

最近はこれがやっと腹落ちして、納得できるものとなってきました。今まではどしても自分にとって嫌な出来事が、プラスの出来事として捉えることに納得でがきなかったのです。パターンからしたら腹立たしかったり、悔しかったり、ストレスだったりと、不快な思いをすることが自分への気づきに繋がるとは思えなかったんですね。


じゃあ不快な出来事でも歓迎できるか?と聞かれたら正直なところ歓迎はできませんが、そこから何かしらを学んでいこうとは少し思えるかもしれません。

それは、自分のパターンに気づくことによる新たな目を養えて、ほんの少し、今の自分よりも成長できからだと思います。


何の問題もなく、いいことばかりのパターンが騒がない人生だと中々こうはなれません。

黒パターンがあるからこそ気づくことができて、成長できるのだと思います。

違う言い方をすれば、黒パターンが騒いで苦しまないと、自分の問題に気づけないのだとも思います。


自分のパターンに気付かされることは、とても大事なことのように思いました。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page