top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近、黒パターンと共にいれる強さを意識しています。


黒パターンはとにかく重い、だからすぐに手放したくなるし、さっさと白にいけば楽になれると思っていました。

けれど、手放すことってできないんじゃね?と、思ったんです。


なぜなら、些細な出来事ですぐに顔を出すし、ひょんな拍子で暴れるし、それなら一掃のこと全部持てるようになっちまえ!と思ったんです。


もちろんそれを選ばない選ばない、などとワークはやるのですけど、それに加えて、黒パターンの持つ不安や怖さ、ストレス、萎縮する思い。それらをまとめて持っていられる筋力を鍛えるという感覚です。


特に今のような社会不安が強い時は、黒パターンが動いた時の不安や恐れの重さは平時の時の何倍もの重さを感じます。


だからこそ、パターンと共にいられる強さが大切になって来るのではと思いました。


さあ、今日も筋トレ!



最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page