• 渡邊 優

パターンに引っかかって、チッ、イラッ、(#`皿´) ムキーーーー!となって、そしていつものように語りかけのワークをして、それでも収まらない時は、意識的にパターンに時間を与えるという感覚で、一日時間を置いています。正確には、一晩寝ています。

この、時間を与えるというのが最近とても大事なことのように思うんです。

それは「怒りが収まるのには少し時間が必要だな。」と、パターンを理解して、一晩時間を与えます。そうすると、不思議と昨日より少しは落ち着いているパターンがいます。


大事なのは、パターンを何とかしようとしない。ということなのだと思います。

何とかしようとするのは、パターンを思い通りにしたいという、また違うパターンだったりしますし、そのままのパターンでは自分が耐えられないから、パターンを何とかしようとしてしまうのだと思う。

そうではなく、今パターンは凄く怒っていて収まりがつかない、であれば、少し落ち着くまでそっとしておこう。そういった、パターンに対する配慮というか思いやり、尊重。そういったことも大事なのだな〜と最近つくづく思うのです。


それってきっと人間関係も同じで、自分にしていることは他人にもすると言いますけど、自分のパターンにしていることはやぱっり他人にもする。


まずはパターンとの関係性、パターンを尊重出来ているかが大事なのだと思うのでした。

最新記事

すべて表示

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ