top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンが現実を作る。


自分の数々のパターンを見てきてそう思います。


パターンは無数にあり、自分はダメだ、自分は正しい、自分が愛されるはずがない、認めされたい、愛されたい、あんなこと言われたくなかった、負けたくない、思い通りじゃないと嫌だ、などなど。


このようなパターンに支配された思考は、自身の考えを疑うことなく、こうだ!と信じ、決めつけて、その考えから離れられなくします。

苦しい思考のループに嵌り、その間、苛立ちや腹立たしさ、怒り、憎しみ、悲しみ、寂しさ、心細さ、孤独感、焦燥感などを感じます。


また、このようなパターンに支配された思考は、そのまま行動へと移り、確認するかのように、やっぱりそうだ!と更にパターンを大きくし、苦しみさえも大きくなっていきます。


そしてカウンセリングとは、このループを断ち切り、更に進化、成長していくために存在しています。

パターンという決めつけからの呪縛から離れ、本来の自分へと回帰していきます。

それは、本当の「私」に立ち帰る作業でもあります。

誰の中にでも存在している、魂の核となる、本当の「私」。

苦しみ、悲しみ、優越感、恐れ、不安、などの感情を感じている本当の「私」。

あんな言い方されてもの凄く腹が立つ、不快だった。許せない。などの、パターンの言い分を聞くことができる本当の「私」。


カウンセリングにおける人間(魂)の、進化成長とは、このパターンと、「私」を分離していくことから始まります。

そこには今までにはない発見と、驚き、爽快感、安心感、安らぎ、穏やかさ、優しさ、暖かさなど、幸せや愛と呼ぶに相応しい、新たな感情や感覚が待っています。


そして、そんな穏やかで安らぎに満ちた、新たな、自分だけの、そんな現実を作って頂きたい。そう願います。





最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page