• 渡邊 優

昨日は横浜美術館、ルノワールとパリに恋した12人の画家たちを見に行ってきました。


特に私のお気に入りとなったのは、ルノワールの「手紙を持つ女」と、ピカソの「布をまとう裸婦」

特にルノワールの手紙を持つ女は、なんとも言えない可愛らしさがあり、実写ではとても表現し尽くせない表情の明るさ、楽しさが伝わってきます。そしてこの絵の柔らかさや繊細さ、その全てがこの画家の持つ、この女性に対する気持ちの表れなのだろうなと思いました。


またピカソの布をまとう裸婦は先ほどのルノワールとは対照的で、女性の持つ内面的な強さや、母の持つ懐の広さや大きさ、鉄壁の強さを感じました。

実際にはこんなゴツイ女性はいませんが、画家の持つ思いやイメージを表現されている絵画は、どこか私の心に届きます。


それは私のパターンが求めている透明感や強さなのかもしれない。

そんなことを考えさせられる展覧会でした。




最新記事

すべて表示

全てを失いたくない

「全てを失いたくない」 このコロナ禍において、暴走した私の黒パターンです。 この黒パターンでいた時は、安心できる情報を貪り、探していました。 不安だったんですね。将来も、必死で稼いだお金も、住む家も、家族も、何が起こるか分からない未来に対して、それら全てを失いたくないと。 だから、安心できる情報を探し回っていました。しかし、情報を見れば見るほど不安や恐れは更に募り「やっぱりそうだ!」と決めつけ、思

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう