• 渡邊 優

昨日は横浜美術館、ルノワールとパリに恋した12人の画家たちを見に行ってきました。


特に私のお気に入りとなったのは、ルノワールの「手紙を持つ女」と、ピカソの「布をまとう裸婦」

特にルノワールの手紙を持つ女は、なんとも言えない可愛らしさがあり、実写ではとても表現し尽くせない表情の明るさ、楽しさが伝わってきます。そしてこの絵の柔らかさや繊細さ、その全てがこの画家の持つ、この女性に対する気持ちの表れなのだろうなと思いました。


またピカソの布をまとう裸婦は先ほどのルノワールとは対照的で、女性の持つ内面的な強さや、母の持つ懐の広さや大きさ、鉄壁の強さを感じました。

実際にはこんなゴツイ女性はいませんが、画家の持つ思いやイメージを表現されている絵画は、どこか私の心に届きます。


それは私のパターンが求めている透明感や強さなのかもしれない。

そんなことを考えさせられる展覧会でした。




最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価