top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は横浜美術館、ルノワールとパリに恋した12人の画家たちを見に行ってきました。


特に私のお気に入りとなったのは、ルノワールの「手紙を持つ女」と、ピカソの「布をまとう裸婦」

特にルノワールの手紙を持つ女は、なんとも言えない可愛らしさがあり、実写ではとても表現し尽くせない表情の明るさ、楽しさが伝わってきます。そしてこの絵の柔らかさや繊細さ、その全てがこの画家の持つ、この女性に対する気持ちの表れなのだろうなと思いました。


またピカソの布をまとう裸婦は先ほどのルノワールとは対照的で、女性の持つ内面的な強さや、母の持つ懐の広さや大きさ、鉄壁の強さを感じました。

実際にはこんなゴツイ女性はいませんが、画家の持つ思いやイメージを表現されている絵画は、どこか私の心に届きます。


それは私のパターンが求めている透明感や強さなのかもしれない。

そんなことを考えさせられる展覧会でした。




最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page