• 渡邊 優

昨日は横浜美術館、ルノワールとパリに恋した12人の画家たちを見に行ってきました。


特に私のお気に入りとなったのは、ルノワールの「手紙を持つ女」と、ピカソの「布をまとう裸婦」

特にルノワールの手紙を持つ女は、なんとも言えない可愛らしさがあり、実写ではとても表現し尽くせない表情の明るさ、楽しさが伝わってきます。そしてこの絵の柔らかさや繊細さ、その全てがこの画家の持つ、この女性に対する気持ちの表れなのだろうなと思いました。


またピカソの布をまとう裸婦は先ほどのルノワールとは対照的で、女性の持つ内面的な強さや、母の持つ懐の広さや大きさ、鉄壁の強さを感じました。

実際にはこんなゴツイ女性はいませんが、画家の持つ思いやイメージを表現されている絵画は、どこか私の心に届きます。


それは私のパターンが求めている透明感や強さなのかもしれない。

そんなことを考えさせられる展覧会でした。




最新記事

すべて表示

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com