top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近パターンが動くたびに、これ甘えてるんだな・・・と思って自分を見ています。

すると不思議とパターンは落ち着きます。今までであれば、そうだよね、、、と語って落ち着かせていたところが、甘えだと自分に気づくだけで落ち着くパターンがそこにあります。それと同時に、もう他人に甘えずに自分で立てる自分になろうを選んでいます。


他人に自分を受け入れてもらわなくても、理解してもらわなくても、思い通りに振る舞ってもらえなくてもいい、もう自分で自分を支えていこう、そう選んでいます。そしてその方が清々しくて楽で自由を感じます。きっと本当の私はそこを育てたいのだと思いました。


いつの日からかパターンでいることが普通になり、認められることが良いことで、賞賛されることが素晴らしいことと信じていました。その逆に否定されることは自分はダメなことで、拒否されることは切られることであり、悪いことだと信じていました。そしてパターンは自分を認めてよ、忖度してよ、言わなくても分かってよ、褒めてよと、他人に甘えているのがわかりました。最近になってやっとパターンの本質が腑に落ちて分かってきた気がします。それが分かった上で私はどうありたいのか、私は自分の足で立ちたい。そのためには毎分毎秒、自分を選ぶ必要があるのだと思います。そのために、今日をしっかり生きる必要がある。意識を持って。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page