top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は私が通っているバレエスタジオの発表会でした。


お腹を引き上げて!肩を下げて!首を長く!普段言われていることがどういう意味があるのか、そうか、そういう意味があったのか!と、発表会を観ながら色々と考えていました。

そのような姿勢をとることによる優雅さと、堂々さと、凛とした面影はどこか自信があり、余裕のある人に観えます。


今まで言われてきたことの意味をこの発表会で初めて知ったのです。


そう思うと、次はこうしてみよう、ここを意識して練習してみたいという意欲まで湧いてきました。

こんな風に次のレッスンが楽しみだと思うようになったのは初めてです。


では今まではどうだったかというと、ただ必死。ついていくのに、覚えるのに、言われたことをやるのに必死だったのです。バレエの楽しさを解っても味わってもいなかったのです。


石の上にも三年とはよくいったもので、三年で何かができるということではなく、最低でも三年経たないと、そのものの面白さが解ってこない、だから最低三年は続けなさい。そういう意味合いが含まれているのだと思いました。


こうやって学んだ、自分を待ってあげるということ。

「つべこべ言わずにやる!」

そう言われて早5年。やり続けていてよかった。

バレエの優雅さを今初めて体験したい。そんなことを今は思います。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Bình luận


Bình luận đã bị tắt.
bottom of page