• 渡邊 優

昨日はバレエスタジオのレッスン日でした。

そこで、センターレッスンにおいて、全くできないのがありました。

一所懸命見て、覚えて、全身にインストールしても頭と体が全く連動しなかったのです。

流石に2回目のセンターにおいては、クスクスと女子の笑い声が聞こえてきました。

恥ずかしいのと、情けないのと、惨めなのと、そんな複雑な気持ちになったのです。

そして何よりも、これほどできない自分に愕然としました。


一見するとそれほど難しそうでない振りも、やってみると全くの別物で、複雑で繊細。

バレエの難しさをまざまざと体験したのです。


そして家に帰ってからはコソ練。

狭いリビングで何とか復習をして、複雑怪奇な体の動きを習得すべく、こんな感じかな?

いや、もっとこうだな!そんなことをぶつぶつと言いながら練習するのでした。


そして、何のためにやっているの?別にできなくても生きていけるし生活に支障が出るわけでもない。

だけどやる、練習する。勿論できるようになりたい!という心の奥底からの衝動はありますが、バレエの動きそのものにどこか天と繋がる何かがあると感じているのです。

それは今まで体現したことのない感覚で、体を通して全身で何かを表現している。(神のダンス?)

上手く表現できないのですが、スポーツや芸術以上の何かがある。そう感じています。


恥ずかしさや惨めさというパターンはケアすればいいのですが、パターンが降参するほどの何かがある。だから続けていけのだと思います。


今日もコソ練です。笑

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ