top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日からバレエのスタジオレッスンがスタートしました。

マスクをつけてのレッスンは、暑い、苦しいの二重苦、かつ久しぶりのため体もイマイチ動かない、回れないの三重苦でもありました。


しかし、久しぶりのレッスンは、体の中から頭の先までピンと一本芯が通ったような強さ、清々しさ、気持ち良さがあり、やはり「ここでしか味わえないもの」がそこにはありました。


この芯が通る感覚、この感覚が私は好きなんだと思います。

先生のハキハキと通る声で指導され、鋭い眼光からは全てをお見通しされているかのような感覚となり、もう何も隠せない・・・そう、身ぐるみを剥がされた裸の感覚でガチレッスンをするという、今まで味わったことのない感覚です。


それはお互いの顔色を伺うとか、互いを傷付けないように、傷つかないようにするとか、一般的な付き合いとは一線を画した世界がそこにはあります。


このガチンコの世界の良さを改めて感じた、良きレッスンでした。


全てにおいてこの姿勢って大切なんだと思う。

鬱陶しいようなガチさが(笑

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page