• 渡邊 優

先日はバレエレッスンでした。

このバレエ、初めてからもうすぐ2年になります。


今思えば、始めた当初は辞めたくて辞めたくて仕方がありませんでした。

女子15人の中で男性1人はすごく恥ずかしかったですし、いったいどんな風に見られているのかが怖くてしょうがなかった。

行く前には必ず、「今すぐバレエをやめたい」というパターンへの語りかけをしないと、とてもじゃないですが行けませんでした。


しかしそのバレエを1年以上続けていくうちに、気持ちに変化が表れたのです。

もしかしたら打たれ強くなってきているかもしれないと。

バレエでは出来なかったり、誤魔化したりするとすぐに指導が入ります。

肉体的な技術指導は勿論ですが、心に届く言葉はまるで、

「言い訳するな!逃げるな!誤魔化すな!とにかくやれ!」

と、言われているようです。(実際に言われたこともあります)

褒めて伸ばすという次元とは真逆の世界です。

この世界の在り方が、人を伸ばすのだと思いました。


そして今改めて思うのは、ぬるま湯にいたのでは、成長も強くもなれないのだなと実感したのです。

この本気のレッスンは本当に気持ちがいい。

まだまだ続けていこう、今はそう思えるようになりました。

やって良かったと。


この世界、おススメです!




最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで