• 渡邊 優

先日はバレエレッスンでした。

このバレエ、初めてからもうすぐ2年になります。


今思えば、始めた当初は辞めたくて辞めたくて仕方がありませんでした。

女子15人の中で男性1人はすごく恥ずかしかったですし、いったいどんな風に見られているのかが怖くてしょうがなかった。

行く前には必ず、「今すぐバレエをやめたい」というパターンへの語りかけをしないと、とてもじゃないですが行けませんでした。


しかしそのバレエを1年以上続けていくうちに、気持ちに変化が表れたのです。

もしかしたら打たれ強くなってきているかもしれないと。

バレエでは出来なかったり、誤魔化したりするとすぐに指導が入ります。

肉体的な技術指導は勿論ですが、心に届く言葉はまるで、

「言い訳するな!逃げるな!誤魔化すな!とにかくやれ!」

と、言われているようです。(実際に言われたこともあります)

褒めて伸ばすという次元とは真逆の世界です。

この世界の在り方が、人を伸ばすのだと思いました。


そして今改めて思うのは、ぬるま湯にいたのでは、成長も強くもなれないのだなと実感したのです。

この本気のレッスンは本当に気持ちがいい。

まだまだ続けていこう、今はそう思えるようになりました。

やって良かったと。


この世界、おススメです!




最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ