• 渡邊 優

先日はバレエレッスンでした。

このバレエ、初めてからもうすぐ2年になります。


今思えば、始めた当初は辞めたくて辞めたくて仕方がありませんでした。

女子15人の中で男性1人はすごく恥ずかしかったですし、いったいどんな風に見られているのかが怖くてしょうがなかった。

行く前には必ず、「今すぐバレエをやめたい」というパターンへの語りかけをしないと、とてもじゃないですが行けませんでした。


しかしそのバレエを1年以上続けていくうちに、気持ちに変化が表れたのです。

もしかしたら打たれ強くなってきているかもしれないと。

バレエでは出来なかったり、誤魔化したりするとすぐに指導が入ります。

肉体的な技術指導は勿論ですが、心に届く言葉はまるで、

「言い訳するな!逃げるな!誤魔化すな!とにかくやれ!」

と、言われているようです。(実際に言われたこともあります)

褒めて伸ばすという次元とは真逆の世界です。

この世界の在り方が、人を伸ばすのだと思いました。


そして今改めて思うのは、ぬるま湯にいたのでは、成長も強くもなれないのだなと実感したのです。

この本気のレッスンは本当に気持ちがいい。

まだまだ続けていこう、今はそう思えるようになりました。

やって良かったと。


この世界、おススメです!




最新記事

すべて表示

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com