top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日はバレエレッスンでした。

このバレエ、初めてからもうすぐ2年になります。


今思えば、始めた当初は辞めたくて辞めたくて仕方がありませんでした。

女子15人の中で男性1人はすごく恥ずかしかったですし、いったいどんな風に見られているのかが怖くてしょうがなかった。

行く前には必ず、「今すぐバレエをやめたい」というパターンへの語りかけをしないと、とてもじゃないですが行けませんでした。


しかしそのバレエを1年以上続けていくうちに、気持ちに変化が表れたのです。

もしかしたら打たれ強くなってきているかもしれないと。

バレエでは出来なかったり、誤魔化したりするとすぐに指導が入ります。

肉体的な技術指導は勿論ですが、心に届く言葉はまるで、

「言い訳するな!逃げるな!誤魔化すな!とにかくやれ!」

と、言われているようです。(実際に言われたこともあります)

褒めて伸ばすという次元とは真逆の世界です。

この世界の在り方が、人を伸ばすのだと思いました。


そして今改めて思うのは、ぬるま湯にいたのでは、成長も強くもなれないのだなと実感したのです。

この本気のレッスンは本当に気持ちがいい。

まだまだ続けていこう、今はそう思えるようになりました。

やって良かったと。


この世界、おススメです!




最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Bình luận


Bình luận đã bị tắt.
bottom of page