• 渡邊 優

先日はバレエのレッスン日でした。

私のレッスンに先生は二人いまして、二人のうちのお一人が、この度ご結婚を期に、ご主人の郷里である北海度へ行かれるとのことで、先日のレッスンが最後となりました。


この先生で印象的だったのが、レッスン前のプランクです。

プランクを2分やるのですが、背中にドンと一人乗せてプランクをするのです。

初めて見ましたしものすごく驚きました。

男性でも見たことありません。

プロの方達の体幹とはこうして作られているという裏側を見た気がしたのです。


以前読んだ本(成長マインドセット)にこの様なことが書かれていました。

アイスバーグ理論「氷山の一角」というものです。

表面に出るあらゆる成果は、氷山の一角の様に一部しか出ておらず、その下には何十倍もの様々なもの(努力)がある。という内容でした。

様々なものとは、その人が費やした時間であり、意識、理念、思い、哲学、習慣、行動の積み重ねが能力とスキルを伸ばし、成果として表に出ていると。


先生の背中にドンと一人乗せてプランクをするその姿を見て、この本のことを思い出しました。

涼しい顔でするその姿はまるで当然の様であり、力強く勇ましかったのです。

普段美しく踊っている先生の姿からは想像もできない勇ましさでした。

何かに徹底的に秀でる、突き抜けるためにはここまで自分に負荷をかけ、鍛錬しなければならないというお手本を突きつけられた気がしたのです。


これは私にとって良い教訓となりました。

この教訓を忘れずに、これからも自身を鍛えていこう。

そう教えてくれた先生に感謝です。

今までありがとうございました。




最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価