• 渡邊 優

自分を観察していると、どうしても自分の短所ばかりに目がいってしまいます。

まだまだダメだな自分とか、こんな自分ではいけないな、など、自分の黒パターンを許せていなからなのか、もしくは減点法で自分を見ているのか、きっとそのどちらでもあると思います。しかし、現実的に自分という人間を考えた時、人間というものは短所だけで構成されているものではないと思いました。


人間という個性の中で、自分にもきっと様々な資質があると思います。

素直さや正直さ、優しさ、気遣い、思いやり、正しさ、努力、意志力、理解力、受容力、きっとこの他にも色々あると思いますが、自分の短所、マイナスばかりに目を向けずに、長所、プラスの面もバランスよく目を向けて、そこもちゃんと使っていく、ということも大事なのではないかと思いました。


自分の短所、マイナスばかりに目を向けているとどうしても自分を見るのが嫌になってしまい、自分にはそれしかないとさえ思ってしまいます。

大事なことはバランス。自分のプラスの面も現実的にちゃんと把握していくことだと思いました。

そしてここで大事なのが、黒パターンで自分を理解しないということです。黒パターンで理解してしまうとたちまち黒パターンが満たされて優越感へと発展してしまいます。だから「私」を使って現実的に自分を見ることが大切なのだと思いました。


このバランスを大事にするということは、あらゆる選択や理解をするときの幅が広がり、人間の柔軟性につながるのだと思います。


自分をバランスよく見て使っていく。そんな風に思いました。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで