• 渡邊 優

昨日は六本木ヒルズで開催されているバスキア展に行ってきました。

久しぶりの大都会にドギマギしながらも無事に到着。

早い時間に行けたので、人も少なくゆっくりと楽しむことができました。

ZOZO TOWNの前社長、前澤さんが123億円で落札した作品もありました。

これほどバスキアの作品が集まることはこの先はないだろうと言われるほどの展覧会だそうです。

(藤井フミヤが言ってました)


そしてこのバスキアの作品、とっても良かったです。

私は現代アートというのは初めて観ましたが、ただただ観ているだけで気持ち良かったり、作品によって空間の雰囲気が変わったり、色や構成のリズム感を感じたりと、また違った楽しみ方を教えてもらえた気がします。


バスキアは27歳という若さでこの世を去っています。

ヘロインの過剰摂取だったようです。

後期の作品からも、何か怒りに似た、胸に詰まる訴えたい何かがあるように思えました。

ドラッグやって描いたんだろうな〜と思わせる、ぶっ飛んだ作品もありました。

きっと何かから逃げたくてドラッグにハマってしまったんだと思います。

園児の頃に描いた作品もありました。これほどの才能、もったいない。


一つ一つの作品から出る味は本当に様々で、味覚を味わうように楽しめるのが、このバスキア展の良いところだと思います。

いや本当にカッコよかった。

ありがとうございます。



最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、