• 渡邊 優

昨日は六本木ヒルズで開催されているバスキア展に行ってきました。

久しぶりの大都会にドギマギしながらも無事に到着。

早い時間に行けたので、人も少なくゆっくりと楽しむことができました。

ZOZO TOWNの前社長、前澤さんが123億円で落札した作品もありました。

これほどバスキアの作品が集まることはこの先はないだろうと言われるほどの展覧会だそうです。

(藤井フミヤが言ってました)


そしてこのバスキアの作品、とっても良かったです。

私は現代アートというのは初めて観ましたが、ただただ観ているだけで気持ち良かったり、作品によって空間の雰囲気が変わったり、色や構成のリズム感を感じたりと、また違った楽しみ方を教えてもらえた気がします。


バスキアは27歳という若さでこの世を去っています。

ヘロインの過剰摂取だったようです。

後期の作品からも、何か怒りに似た、胸に詰まる訴えたい何かがあるように思えました。

ドラッグやって描いたんだろうな〜と思わせる、ぶっ飛んだ作品もありました。

きっと何かから逃げたくてドラッグにハマってしまったんだと思います。

園児の頃に描いた作品もありました。これほどの才能、もったいない。


一つ一つの作品から出る味は本当に様々で、味覚を味わうように楽しめるのが、このバスキア展の良いところだと思います。

いや本当にカッコよかった。

ありがとうございます。



最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ