• 渡邊 優

ハマスホイとデンマーク絵画を見てきました。

静謐さ、初体験でした。

静かでありながらも凛とした空気感があり、それでいて温かみがある絵画は、グレー基調の印象からは想像もつかない世界観があり、新しい世界を体験させてもらいました。


室内を基調とした絵からは人の気配を一切感じず、しかしそれがなんとも言えない完璧な静謐な世界を作っている。

ノスタルジックな安らぎを与えてくれる柔らかな光が、この世のものとは思えない世界を表現しており、この絵の中に入ってみたい。そんな思いにさせられました。

そんな特殊な空間がこの絵の世界にはありました。


静謐さがこれほど気持ち良いとは。

スゲーな静謐さ!


ハマスホイの絵には夏も冬もない。

それは憂いをおびた、はるか昔の、遠い、遠い彼方にある、こことは別の世界のものである。

1906年、独立展の展覧会レビューより。




最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。