top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

妬み、嫉み・・・嫉妬、僻み、自己嫌悪、承認欲求、不安、恐れ、負けたくない、他人に勝ちたい、自分の正しさを証明したい(マウントしたい)、他人と比較して自分はダメだと思ったり、はたまた上に立てたと思い優越感に浸ったりと、忙しく動めく、そんな数々あるネガティブなものたち。


以前そんな自分を見た時、辟易としました。自分に嫌気がさして、自己嫌悪に陥るのです。

ネガティなものをダメなもの、いけないものと捉えると、それを持っている自分を嫌いになったのです。


しかし、ネガティブなものたちの話を聞いていくうちに、そこには一つ共通するものがありました。

それは孤独でした。誰にも理解されず、嫌悪され、人々から、はたまた自分自身からも煙たがられるという、孤独感や寂しさだったのです。


そんなネガティブなものたちから学んだことが、それらを許すこと、受け入れること、だからこそ私が成長できるということでした。

許しを学び、自分を成長させてくれる存在たちとして付き合うと、きっとまた違った世界が見えてくるのではないかと思います。


これからもそんな存在たちを暖かく受け止めていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page