top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日、道場仲間のマーガレットさんのブログを見て、ドキッ!としました。

ドキッとするということは、図星であるということ、図星であるということは、黒パターンがあるということ。


なので早速、


●先生に認められたい

という黒パターンのケアに取り掛かりました。


そうだよね、先生に認められたいと、あなたは思っているんだよね。

なぜならば、先生に認められたら自信が持てるし、安心できるし、やっと自分を肯定できると、あなたは思っているからなんだね。

そう語りかけていると、ツーと一粒の涙がこぼれてきました。


そうなんです。パターンは先生に認められたい、優しくしてもらいたい、大切にしてもらいたい、理解してもらいたいと、そんな自分にとっての都合のいい先生を求めているのです。

このパターンへの理解がやっとできました。だから、先生にそうしてもらえなかった時、パターンは怖くて不安になり、焦るのだと。パターンはパターンとしてケアを続けて行きます。


そして先生というものを改めて考えた時、


先生とは

+ 教えを授ける人、先を歩いている人、理解力がある、経験がある、生徒への成長を促す、生徒のために学ぶ、自分のなすべきことをする、責任がある


0 ただ一つの体験、絶対ではない、人による


ー 嫌われる、理解されない、孤独、他からの評価に晒される、常に考え学ぶ、生徒の下まで降りていく、常に意識的、


生徒の私がどのような哲学を持って学んでいくか、今一度しっかりと考え、改める良い機会となりました。ありがとうございます。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page