• 渡邊 優

表題の、チーズはどこへ消えた?を読了しました。

恐怖を乗り越えて新たなチーズを探しに出る冒険の物語は、今の私には非常に突き刺さる内容でした。


明らかに大きな変化が訪れている昨今ですが、私は変化を恐れるあまり思考停止となり、どうしていいのか分からず悶々としていたのだと改めて思い知りました。本の中の人物で言うと、ヘムの状態。

そして、この本の突き刺さったセリフが「もし恐怖がなかったら何をするだろう?」

非常にシンプルな問いで、考えさせられることが多々あります。


私の中には、他人からの非難や失敗への恐怖、また得体の知れない未開の地へ踏み出す恐れまで、様々な恐怖があるのがわかります。

「もし恐怖がなかったら何をするだろう?」

この問いには大きな答えがあるのかもしれません。

じっくりと、しっかりと向き合って、考えてみたいと思います。

最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ