• 渡邊 優

表題の、チーズはどこへ消えた?を読了しました。

恐怖を乗り越えて新たなチーズを探しに出る冒険の物語は、今の私には非常に突き刺さる内容でした。


明らかに大きな変化が訪れている昨今ですが、私は変化を恐れるあまり思考停止となり、どうしていいのか分からず悶々としていたのだと改めて思い知りました。本の中の人物で言うと、ヘムの状態。

そして、この本の突き刺さったセリフが「もし恐怖がなかったら何をするだろう?」

非常にシンプルな問いで、考えさせられることが多々あります。


私の中には、他人からの非難や失敗への恐怖、また得体の知れない未開の地へ踏み出す恐れまで、様々な恐怖があるのがわかります。

「もし恐怖がなかったら何をするだろう?」

この問いには大きな答えがあるのかもしれません。

じっくりと、しっかりと向き合って、考えてみたいと思います。

最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。