top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

表題の、チーズはどこへ消えた?を読了しました。

恐怖を乗り越えて新たなチーズを探しに出る冒険の物語は、今の私には非常に突き刺さる内容でした。


明らかに大きな変化が訪れている昨今ですが、私は変化を恐れるあまり思考停止となり、どうしていいのか分からず悶々としていたのだと改めて思い知りました。本の中の人物で言うと、ヘムの状態。

そして、この本の突き刺さったセリフが「もし恐怖がなかったら何をするだろう?」

非常にシンプルな問いで、考えさせられることが多々あります。


私の中には、他人からの非難や失敗への恐怖、また得体の知れない未開の地へ踏み出す恐れまで、様々な恐怖があるのがわかります。

「もし恐怖がなかったら何をするだろう?」

この問いには大きな答えがあるのかもしれません。

じっくりと、しっかりと向き合って、考えてみたいと思います。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page