top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

ここ最近講座を行っていますが、なんでこういうことをやろうと思ったのか、またなぜ今までやってこなかったのかを考えていました。


今までは、自分には自信がない、自分には無理だと言い訳をして、ただ楽がしたかったのだと思うんです。新たなことにチャレンジしなければ人目に晒されることもないし、他人からの評価やジャッジを受けることもない、したがって傷つくこともないから、一歩を踏み出さなかったのだと思います。


かといって今自信が持てたから始めたのかと言われると全くそうではありません。今の自分に自信があるわけでもなく、他人の評価やジャッジは今でも気になります。ですがほんの少し、こういうことに慣れてきた気もします。自分の言ったこと、話したことが間違っていて、たとえ恥をかいても、後ろ指を指されても、白い目で見られても、それでもやっていこう、この道を歩いて行こう、そういう思いの方が勝っているんです。


私には自分を変えたい、今の自分から脱皮したという思いと、そのタイミングが今で、これをやりたいという思いが湧き上がり、やっているのだと思います。


人によっては何かをやりたいと思うタイミングは違うと思いますが、その思いが生まれた時は、思いを大事にして実行に移すのがベストのような気がしました。


この思いを大事にして、また次への準備に取り掛かろうと思います。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page