top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

他人からジャッジをされた、見下された。パターンにとっては大きな問題です。

特にプライドを大事にしているパターンからすると、それはとてもとても不快で、許し難いこと。

ここは私がよく引っかかるところでもあり、課題でもあります。


もうパターンで決めつけない、ということを考えた時、この場合どう決めつけなければいいのか。

「ジャッジをされたともう決めつけない」

これが浮かんできました。その言葉には強い意思力と、前に進む強さ、行動力、そういったものを感じます。


白パターンを選び切る、ということは、そういった普遍的な力を使って私を同時に育ててもいます。

一石何鳥にもなる意識的な選択という行為。


「ジャッジをされたともう決めつけない」


しばらく選び続けます。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page