top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先週ピアノレッスンにてけちょんけちょんに指導を受けてから、自分の中でも変化が起きてきました。

そもそも何でショボンとしたのか・・・

自分は出来ているとまでは言わないでも、相当練習したからそこまでは言われないだろうとタカをくくっていたので、いざ練習方法から音の汚さまで指導されたとき、自分の未熟さやダメダメさにショボンとしてしまったのです。平たくいうと、鼻っ柱を折られたということです。


その指導では、最初に音を出すときの心持ちから、心を込めて弾くこと、そしてどんな音を乗せていこうかと考えて意識すること、そんな内面まで指導され、今では練習するときの意識まで変わりました。ただ練習するから、心をこめる、気持ちを乗せる、それが音になって現れることを知り、どんな音を出したいのかと自問自答しながら練習をするようになりました。

きっとピアノの練習とは、こういうことをいうのだと思います。


また意識することは、きっとあらゆる事にも通じてとても大切なことだと思います。

日々の生活も、仕事も、普段やっているワークも、何を意識するかで出る結果が全く変わってくるのだと思います。


あ〜あ、と、しょぼ〜んとしたことから大事なことを学びました。

しょぼ〜んもたまには必要だな。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

コメント


bottom of page