top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。

久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。

しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。


心がしょぼ〜んとして、体はぐったりと、久しぶりに疲れました。

今日はこれからこのパターン「あんなこと言われたくなかった」に語りかけをして、また練習に励もうと思います。


そしてもう一つ気になったのは、こういう私の心をへし折る出来事というのは、たいがい調子に乗っている時におきます。元来調子に乗りやすい性質なので、そこは注意して自分を見ていこうと思いました。


お前、まだまだなんだよと言われているきがしてならない。はい、心します。

謙虚は大事。それは、現実の自分を知ることだと思いました。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page