• 渡邊 優

昨日、ショックな出来事がありました。

ベランダにお気に入りのノースのダウンジャケットを干していたところ、昨日の強風でマンションの7階からどこかに飛んでいってしまったのです。気づいた時はすでに日も暮れて、下を見ても全く見えず、ベランダをウロウロ、何回もウロウロ、あれ?風呂場に干したっけ?と家の中をウロウロ、クローゼットをウロウロ、家中をウロウロ、俺のお気に入りのダウンがぁ〜〜!と、もう狼狽状態でした。

そして先日のセミナーで先生が言っていた、向かっている先は如実知見、を思い出したのです。ありのままの現実を受け取ろうと・・しかし無理だ・・・ありのままを受け取れない・・・ありのままの出来事を全く受け取れない・・・自分に腹が立つ!強風に腹が立つ!とりあえずワークだ・・・「あんな干しかたをしなければよかった」の語りかけを作り、そうだよね、あんな干しかたをしなければよかったと、あなたは思っているんだね。なぜならば、早く乾くようにとファスナーの上を空けてしまったし、風が強いことを考えられなかったし、風をちゃんと考慮しなかった自分が馬鹿だったと、あなたは思っているからなんだねと、一通りやり、とりあえずは一旦落ち着き、明日の朝下の階を探しにいこうと決めて、夜はちゃんと寝れました。


そして朝は6時前に目が覚めて、早く明るくならないかな、どこかにあるかな?・・・と、ソワソワ・ソワソワ。そして先ほど一階のベランダを探しに行ったら、ありました!が、そのお宅は不在でした。また後日改めようと思います。


今回よく分かったことは、如実知見とはメチャクチャ難しい。そして、今の自分のレベルがちゃんと分かったことです。先はまだまだ長いと。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。