top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日ピアノの調子が悪くて(アタック音という金属音がしない)ヤマハの方に来て頂いた時の出来事。


ピアノを分解し、センサーの調整をし終わった後ピアノを元に戻すときに、ガタンガタンすごい音がしてピアノを傷つけてしまったのです。そしてその方の言った一言が「塗装すれば大丈夫です」と謝る前に問題の火消しに走り、あれやこれや大丈夫と言って相手の保身が見えたとき、ムカムカしてえも言われぬ怒りが込み上げてきたのです。そうかぁ〜、保身ってムカつくんだな・・


本来最初に行うべきことは、火消しでも保身でもなく、素直に自分の過ちを認め、誠心誠意謝罪することです。それができず、必死に言い訳して保身に走る姿に怒りが湧いてきたのです。

そのことは相手にも伝えました。最初に行うべきことは自分の過ちを素直に認め、謝罪することいですと。本人も随分と反省していたのでそこはいいのですが、保身というものが少し分かった気がしました。


パターンは保身で自分が守られると思っていますが(傷つかないと)実はもっと問題を大きくしたり、何よりも責任を負えない生き方をしてしまうのではないかと思ったのです。


この場合の責任とは、問題と関わる勇気であったり、ペナルティーを引き受ける覚悟です。ペナルティーとは、もしかしたら上司に怒られるかも知れないし、何か始末書的な報告書を書くかも知れません。それにより仕事の評価が下がったり、査定に響くかも知れません。でもそれはいずれ、自分の成長に繋がるものです。その成長の芽を保身は摘んでしまうのだと思いました。


保身に走ってしまうと、人と関わることや責任から逃げてしまい、折角の成長のチャンスを逃してしまいます。それは実にもったいないことなのだと思いました。


保身に走らず堂々といられる自分になる。それには覚悟と勇気が必要です。

自分に当てはめながら学んだ出来事でした。

最新記事

すべて表示

魅了されている・・

自己の執着の源を発見するに従って、私たちは自分自身に魅了されているという、極めて重要な驚くべき発見にいたります。 私、真実と主観性より これを読んだ時、自分のパターンそのままだと思いました。 すごいと思われたい、負けたくない、自分は正しい、自分の方が上、思い通りじゃなきゃ嫌だ、全て自分に魅了されている言動です。まるで世界が自分中心で回っているかのよう!現実はそうではないのにです。実際は負けることも

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

Comentarios


bottom of page