• 渡邊 優

ザ・メンタルモデル 由佐美加子 著 を読んでいます。

以前のグループセミナーの際、伊藤先生のプリントから紹介された本でしたが、面白いので、読了する前にここに書いてしまいます。


本書は、メンタルモデルという4つのモデルに人々を大きく分類し、そこに至るケースや、その時々の心情や状態を、非常にわかり易くロジカルに説明されていて、自分のメンタルモデルがどこに分類されるのかを俯瞰しながら読み進めることができました。

私の場合、ひたすら戦いながら乗り越えてきたモデルで、「価値なしモデル」というものに分類されると思います。


この「価値なしモデル」というものは、会社経営者や、組織の管理職に多くみられるらしく、自分の価値を出せなかったら自分にはここにいる価値はないと思い込む「価値なしモデル」で、パターンでいうと「自分はダメだ」や「自分には価値がない」のかと思いました。そして、この痛みを避けるための回避行動は、頑張って能力をひたすら高め、自己価値を証明するために他人の要求や期待に応え続け、承認欲求から価値を出すためにひたすら動き続ける、という克服型になりやすい傾向です。


もうまさしく私のことズバリで、ダメじゃない自分を証明するために、自分に価値をつけて愛されるために頑張ってきたといえます。


また、本書でも自分を見るというのがベースになっており、著者は、「人って自分の美しいところに向き合いたいんですよね。会社をよくしたい、社員を幸せにしたいとか、素晴らしくしたいとか、そういうのは全然抵抗がないはずなんです、人間って。だけど、自分が一番見たくないところに踏み込まないと、本当の意味で、自分を見るという世界には入れないんです。


いやはや耳が痛い。

確かに出来ている自分や、素晴らしいことをしているような時って、気分が良いものです。

だけど、やっぱり、自分が一番見たくないところを見ていかないと、真の成長には結びつかないのだなと、それは、きっと、例外なく、誰しもが通る道なのだと思いました。


もう一点、本書にはおもしろい内容がありましたので、明日改めて紹介したいと思います。




最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。