• 渡邊 優

私の趣味の中に、サーフィンというものがあります。

ここに出してる写真も、朝や昼に波チェックをした際の写真です。

そんなサーフィンという海の中が、私のパターンと向き合う絶好の機会になります。

特に「勝負系」のパターンが顔を出す時が多いです。


負けたくない、俺の方が上、舐められたくない、等々、それら他者が中心としたパターンでいる時、サーフィンも絶不調!良い波に乗れず、目的の練習にもならず、注意散漫で集中力が低下し、パフォーマンスが徹底的に落ちます。こんな時、足掻いても焦っても無駄で(足掻いて焦った末に憔悴しただけのけ経験あり)一旦自分をリセットする必要があります。


そこで、波待ちをしている時に語りかけワークと、白黒ワークを敢行。

この時の白は、もう戦いからは降りよう、もしくは、現実の自分自身をちゃんと見よう、などです。

最近は後者が多いかな。

海の中でプカプカ浮きながらやるワークは、母親のお腹の中を思いだすような感覚に包まれます。

特に白の中にいる時、その感覚が躊躇に現れて結構気に入っています。


そして、そのあとのサーフィンに対してのモチベーションとパフォーマンスですが、これが良い感じで上がります。

まず、サーフィンを楽しむようになります。(あれ?さっきまで勝負だったのに!)

集中力も上がって、沖から迫る波だけに集中します。(さっきまで挙動不審だったのに!?)

次に来た波で何を意識して乗り切るかに集中します。(さっきまで他者が中心だったのに!)

結果、とてもシンプルな状態となり、満足して海から上がり、海への感謝の気持ちでいっぱいになります。(今日も遊ばせてくれてありがとう!)


そんな豊かな海に今日も感謝して、できるだけ長く、この大好きなサーフィンを続けていきたいと思います。



最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。