top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私の趣味の中に、サーフィンというものがあります。

ここに出してる写真も、朝や昼に波チェックをした際の写真です。

そんなサーフィンという海の中が、私のパターンと向き合う絶好の機会になります。

特に「勝負系」のパターンが顔を出す時が多いです。


負けたくない、俺の方が上、舐められたくない、等々、それら他者が中心としたパターンでいる時、サーフィンも絶不調!良い波に乗れず、目的の練習にもならず、注意散漫で集中力が低下し、パフォーマンスが徹底的に落ちます。こんな時、足掻いても焦っても無駄で(足掻いて焦った末に憔悴しただけのけ経験あり)一旦自分をリセットする必要があります。


そこで、波待ちをしている時に語りかけワークと、白黒ワークを敢行。

この時の白は、もう戦いからは降りよう、もしくは、現実の自分自身をちゃんと見よう、などです。

最近は後者が多いかな。

海の中でプカプカ浮きながらやるワークは、母親のお腹の中を思いだすような感覚に包まれます。

特に白の中にいる時、その感覚が躊躇に現れて結構気に入っています。


そして、そのあとのサーフィンに対してのモチベーションとパフォーマンスですが、これが良い感じで上がります。

まず、サーフィンを楽しむようになります。(あれ?さっきまで勝負だったのに!)

集中力も上がって、沖から迫る波だけに集中します。(さっきまで挙動不審だったのに!?)

次に来た波で何を意識して乗り切るかに集中します。(さっきまで他者が中心だったのに!)

結果、とてもシンプルな状態となり、満足して海から上がり、海への感謝の気持ちでいっぱいになります。(今日も遊ばせてくれてありがとう!)


そんな豊かな海に今日も感謝して、できるだけ長く、この大好きなサーフィンを続けていきたいと思います。



最新記事

すべて表示

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page