• 渡邊 優

私の趣味の中に、サーフィンというものがあります。

ここに出してる写真も、朝や昼に波チェックをした際の写真です。

そんなサーフィンという海の中が、私のパターンと向き合う絶好の機会になります。

特に「勝負系」のパターンが顔を出す時が多いです。


負けたくない、俺の方が上、舐められたくない、等々、それら他者が中心としたパターンでいる時、サーフィンも絶不調!良い波に乗れず、目的の練習にもならず、注意散漫で集中力が低下し、パフォーマンスが徹底的に落ちます。こんな時、足掻いても焦っても無駄で(足掻いて焦った末に憔悴しただけのけ経験あり)一旦自分をリセットする必要があります。


そこで、波待ちをしている時に語りかけワークと、白黒ワークを敢行。

この時の白は、もう戦いからは降りよう、もしくは、現実の自分自身をちゃんと見よう、などです。

最近は後者が多いかな。

海の中でプカプカ浮きながらやるワークは、母親のお腹の中を思いだすような感覚に包まれます。

特に白の中にいる時、その感覚が躊躇に現れて結構気に入っています。


そして、そのあとのサーフィンに対してのモチベーションとパフォーマンスですが、これが良い感じで上がります。

まず、サーフィンを楽しむようになります。(あれ?さっきまで勝負だったのに!)

集中力も上がって、沖から迫る波だけに集中します。(さっきまで挙動不審だったのに!?)

次に来た波で何を意識して乗り切るかに集中します。(さっきまで他者が中心だったのに!)

結果、とてもシンプルな状態となり、満足して海から上がり、海への感謝の気持ちでいっぱいになります。(今日も遊ばせてくれてありがとう!)


そんな豊かな海に今日も感謝して、できるだけ長く、この大好きなサーフィンを続けていきたいと思います。



最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声