top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自己否定という課題を毎日考え、実践しているのですが、この程大きな自己否定の

パターンがあることに気がつきました。

それは、サーファーである自分への自己否定です。


私には「サーファーはタチが悪い」という黒パターンがありますが、このサーファーというものに対して、レベルが低い、利己的である、また実際にも何度かトラブルにも巻き込まれたこともありました。

しかし、ここにもう一つ、自分がサーファーであるのも嫌だというパターンの声もあったのです。

それは、周りから同じようにタチが悪いと思われている、また自分自身をもタチが悪いと思っている、だからサーファーはタチが悪いのだと。


なぜサーファーが嫌なのか?自分もそうだから・・・

それは私にとって非常に腑に落ちた答えでした。


これから向かう先の白パターンは、もうサーファーである自分を許していこう。


これを、毎回毎回選んで、海に行こうと思います。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page