top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近Netflixで人気のドラマ「サンクチュアリ」を見ました。

お相撲のドラマなのですが、国技なのに、神事なのに、私全く相撲に興味がなく、今の今までまともに見たことはなかったのです。土俵は聖域だから女性は上がってはいけないなど、時代錯誤とも取れる差別に違和感を感じていました。ですがこのドラマを観て考えが変わりました。そんな時代錯誤は百も承知の上で、土俵には何があるのか、強さとは、しきたりとは、礼儀とは、相撲とは、そんな人間臭いドラマがそこにはありました。


主人公は元ヤンキーの荒くれ者力士、そのヤンキー力士がひとつの敗北を機に、真面目に稽古に取り組み出して、本物の相撲に目覚めていくという内容です。


本気に稽古に取り組み出した力士に、冷やかすもの、舐めてかかってくるもの、バカにするもの、色んな人がいるのですが、そんな周りの評価など気にもせず、無心に強さを求めて稽古に励みます。

すると、一人、二人と、一緒に稽古に励むものが出てきます。そして最後には自分を馬鹿にし、冷やかしていた先輩力士までもが一緒に稽古に参加し始めるのです。本人はただ前を向いて無心に励んでいたことが、周りに良き影響を与え始めたのです。きっと本人は影響を与えようと思って頑張っていたのではありません。ただ強くなりたいという意志が、自然と周りに影響を与えていたのです。


本当の強さとはこういうことだと思いました。

良い影響も悪い影響も、自分の意識次第で他人に与え、そして与えられます。

全て自分の在り方次第でこの力士のように現実が大きく変わるのです。


自分の弱さに勝つこと、すなわちそれは、黒パターンの誘惑に負けないこと。

そんな私の課題とダブって見えた、初めてのお相撲ドラマでした。

相撲を見る目が変わりました。

最新記事

すべて表示

魅了されている・・

自己の執着の源を発見するに従って、私たちは自分自身に魅了されているという、極めて重要な驚くべき発見にいたります。 私、真実と主観性より これを読んだ時、自分のパターンそのままだと思いました。 すごいと思われたい、負けたくない、自分は正しい、自分の方が上、思い通りじゃなきゃ嫌だ、全て自分に魅了されている言動です。まるで世界が自分中心で回っているかのよう!現実はそうではないのにです。実際は負けることも

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

Commenti


bottom of page