• 渡邊 優

自転車を新調してから自転車で動く頻度が増えました。

まず今までの自転車よりも圧倒的に早くて軽い!このアドバンテージは自転車での移動を楽しみに変えてくれました。

海沿いの道を自転車で滑走するのは気持ちいいですし、草木や潮の匂いまでもが伝わって来て全身で自然を感じる事ができます。

最近の買い物では一番買って良かった!と思える良い買い物でした。


実は買うときには随分と悩んだんです。今の自転車も使えることは使えるし、でも重くてかったるい自転車だな〜と、迷っていたのですが、いつものごとく買う部屋と、買わない部屋に入って、軽い方を選択。それが、買う方だったのです。しかし、それでもまだ本当にいいのかな〜と今度は部屋の方を疑っていました。


ですが、意を決して買ったら大正解!!

なんだ!もっと自分の感覚を信じていいんだな!

そんなことを思わせてくれるおまけまでついて、良い経験でした。


自分の感覚って大事なんだと思う。


これでいいのか?間違っていないか?と迷いながらブレーキとアクセルを同時に踏んでいるような状態ってあると思います。

そんな正解なんてわからないとき、自分の感覚を頼りにして生きていけたらきっと楽しめると思います。もしそれが例え間違っていたとしても、迷いながら進むよりは、自分で決断して行動に移していくことは、きっと後々の自信につながるし、経験として体には残る。


だから、もっと自分の感覚を大切にしていくのもいいもんだ!

そんな風に思いました。

キーワードは、「思考より感覚」これ大事。



最新記事

すべて表示

仕事です。

突然ですが、仕事が決まりました。 今日からです。内容は、介護施設を紹介する営業職の業務委託です。営業先は主に病院のようです。業務委託なので時間はフリー。やった分だけの成果報酬です。ですが、介護関係は全くの未経験であり、さっぱり内容がわからないので、数ヶ月間、上席の方に同行して仕事を覚えます。 茅ヶ崎に越してきたのが2013年の秋。約8年間と、随分と長い間仕事をしていない期間がありました。途中、兄の

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的