top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は茅ヶ崎グループの勉強会、だったのですが、風邪を引いたためにお休みしました。(微熱と喉痛)


しかし、この時期の風邪の症状は本当に怖い、思わず、「コロナ 初期症状」などと調べてしまった。。。


お〜恐え…

もうノーガードで日々を過ごすのはやめよう。


しかし皆んなには会いたかったな〜、暫く会っていなかったY Aさんにも会いたかったし、何よりも最近起こったガチクソムカついたことを皆んなに聞いてもらいたかった。


もちろん自分のパターンのことなので自分でケアはするのですが、この魂の成長という孤高の道を歩んでいる仲間に聞いてもらうのは、また格別に胸に響くものがあるんですよ!


共に険しい道を歩んでいる仲間ということもあり、共感の一つ一つがエールにもなっているんだと思います。


なので、明日はこのガチクソムカついたことを書きますので、皆さん聞いて下さいね〜!



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


bottom of page