• 渡邊 優

今日で発熱してから4日目となります。

今朝はなんと薬を飲まずとも平熱に戻りました。昔母から「頭の悪い子元気な子」と言われたのを良い意味で実感しています。健康に産んでくれてありがとう。

さて今朝は、考えておきたい事もあるので思ったことを日記に綴っていきます。


コロナになることを、みっともないこと、恥ずかしいこと、不名誉なこと、後ろ指を刺されること、いけないこと、と思っている方ってまだ多いんじゃないでしょうか。


でもそれはモロパターンです。そういうパターンがあると、コロナになった人をそういう目で見るようになるし、自分がなった時も、恥ずかしいこと、不名誉なことと感じるのだと思います。


今回コロナになって病院に行った際、しきりに聞かれたのが子供との接触でした。それだけ子供の間で流行しているのだと思います。

私が思い当たることがあるとすれば、ライフガードをした際に、プールの排水溝の点検を頼まれて、それをする際に、子供たちの芋洗状態の中で行ったので、思い当たるとすればそれぐらいです。

ですが罹患しているのは私だけなのでなんとも言えません。


ここで考えてもらいたいのが、上記のコロナになることをいけないことと捉えるパターンは、誰かを悪者にしているということです。

私の場合で考えると、もし子供から罹患したとしたら、子供が悪いのでしょうか?違いますね。私が悪いのでしょうか?これも違いますね。

このコロナはいけないこと、悪いことだと思っているパターンは、世間の風潮が作り出したパターンです。


このパターンに風穴を開けたのが、今回子供達だったように思います。

誰も子供が悪いとは責められないですもんね。

そう考えると今の子供たちって凄いなと思う。自分を犠牲にして世間の意識を変えていくのですから。


そんなことを感じた罹患者でした。



最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実