top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日で発熱してから4日目となります。

今朝はなんと薬を飲まずとも平熱に戻りました。昔母から「頭の悪い子元気な子」と言われたのを良い意味で実感しています。健康に産んでくれてありがとう。

さて今朝は、考えておきたい事もあるので思ったことを日記に綴っていきます。


コロナになることを、みっともないこと、恥ずかしいこと、不名誉なこと、後ろ指を刺されること、いけないこと、と思っている方ってまだ多いんじゃないでしょうか。


でもそれはモロパターンです。そういうパターンがあると、コロナになった人をそういう目で見るようになるし、自分がなった時も、恥ずかしいこと、不名誉なことと感じるのだと思います。


今回コロナになって病院に行った際、しきりに聞かれたのが子供との接触でした。それだけ子供の間で流行しているのだと思います。

私が思い当たることがあるとすれば、ライフガードをした際に、プールの排水溝の点検を頼まれて、それをする際に、子供たちの芋洗状態の中で行ったので、思い当たるとすればそれぐらいです。

ですが罹患しているのは私だけなのでなんとも言えません。


ここで考えてもらいたいのが、上記のコロナになることをいけないことと捉えるパターンは、誰かを悪者にしているということです。

私の場合で考えると、もし子供から罹患したとしたら、子供が悪いのでしょうか?違いますね。私が悪いのでしょうか?これも違いますね。

このコロナはいけないこと、悪いことだと思っているパターンは、世間の風潮が作り出したパターンです。


このパターンに風穴を開けたのが、今回子供達だったように思います。

誰も子供が悪いとは責められないですもんね。

そう考えると今の子供たちって凄いなと思う。自分を犠牲にして世間の意識を変えていくのですから。


そんなことを感じた罹患者でした。



最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page