• 渡邊 優

自立することは、自分のパターンを、自分以外の誰かや何かを使って満たさないことなのだと思いました。それは他人に大切にしてもらったり、理解してもらったりすることを要求せず、寂しさを他人で埋めようとせず、不安を恐れを共有して楽になろうとしない、パターンの持つ渇きや願望、そういったものを全て自分一人で引き受けていくというものだと思います。


それは人だけに限らず、お金や物に囚われて執着をするパターンそうだし、お金や物にも依存しないことなのだと思います。とはいってもお金や物は生きていく上では必要なものなので、その辺りの現実とパターンの持つ思いを分けて考えていくことが必要なのだとも思いました。

ここは、まだまだ頭で理解しているだけの世界なので、経験と腑に落ちるほどの体験が必要なのだと思います。


本当の意味での一人で生きていくということは、もう他人を利用しない、必要としない世界なのだと思います。


足を痛めて家にいることが多くなり、自立ということを今まで以上に考えるようになりました。


この自立するということ、2〜3年でできるものではなく、今までと同じように日々の積み重ねでそこへ向かい、登っていくものだと思います。


コツコツに勝るものはない、コツコツなんですね。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。