• 渡邊 優

自立することは、自分のパターンを、自分以外の誰かや何かを使って満たさないことなのだと思いました。それは他人に大切にしてもらったり、理解してもらったりすることを要求せず、寂しさを他人で埋めようとせず、不安を恐れを共有して楽になろうとしない、パターンの持つ渇きや願望、そういったものを全て自分一人で引き受けていくというものだと思います。


それは人だけに限らず、お金や物に囚われて執着をするパターンそうだし、お金や物にも依存しないことなのだと思います。とはいってもお金や物は生きていく上では必要なものなので、その辺りの現実とパターンの持つ思いを分けて考えていくことが必要なのだとも思いました。

ここは、まだまだ頭で理解しているだけの世界なので、経験と腑に落ちるほどの体験が必要なのだと思います。


本当の意味での一人で生きていくということは、もう他人を利用しない、必要としない世界なのだと思います。


足を痛めて家にいることが多くなり、自立ということを今まで以上に考えるようになりました。


この自立するということ、2〜3年でできるものではなく、今までと同じように日々の積み重ねでそこへ向かい、登っていくものだと思います。


コツコツに勝るものはない、コツコツなんですね。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価