top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私の通っているバレエスタジオにもついにコロナの波が押し寄せて、クラスがガラガラになりました。

着いてからいつものように柔軟をしていると、クラスのおばちゃんが「生活はいつもと変わりないですか?」と仰いました。はい変わりありませんが嫌な雰囲気ですね!というと、「そうなのよ〜、コロナ鬱になりそう・・」と仰っていました。


そのおばちゃんからは、自粛と連日の報道、見通しのつかない現状に相当疲弊しているようにも見えました。

しかし、すぐにレッスンは始まりピアノに合わせて3人で必死に頑張ります。


生徒数が少ないイコール、レッスンの内容も濃くなります。

特にセンターでの出番が増える。

そんな濃い時間を3人で共有し、無事に1時間半のレッスンが終わった頃、そのおばちゃんの顔はさっきよりも清々しく、少しキラキラしているようにも見えました。


バレエってすごいと思います。

ピアノに合わせて体を動かすこと、特に体の芯を真上に引っることで、心までも引っ張り上げてしまうようにも思います。

ただ体を動かしてスッキリするだけでなく、内側がシャンとピンとする!


そんなシャンピンなレッスンでした。



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


bottom of page