• 渡邊 優

私の通っているバレエスタジオにもついにコロナの波が押し寄せて、クラスがガラガラになりました。

着いてからいつものように柔軟をしていると、クラスのおばちゃんが「生活はいつもと変わりないですか?」と仰いました。はい変わりありませんが嫌な雰囲気ですね!というと、「そうなのよ〜、コロナ鬱になりそう・・」と仰っていました。


そのおばちゃんからは、自粛と連日の報道、見通しのつかない現状に相当疲弊しているようにも見えました。

しかし、すぐにレッスンは始まりピアノに合わせて3人で必死に頑張ります。


生徒数が少ないイコール、レッスンの内容も濃くなります。

特にセンターでの出番が増える。

そんな濃い時間を3人で共有し、無事に1時間半のレッスンが終わった頃、そのおばちゃんの顔はさっきよりも清々しく、少しキラキラしているようにも見えました。


バレエってすごいと思います。

ピアノに合わせて体を動かすこと、特に体の芯を真上に引っることで、心までも引っ張り上げてしまうようにも思います。

ただ体を動かしてスッキリするだけでなく、内側がシャンとピンとする!


そんなシャンピンなレッスンでした。



最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。