• 渡邊 優

先日、駅そばで有名な名代富士そばでとんでもないメニューを発見しました。その名もカレーかつ丼。

なんともそのままの名称ですが、一体誰がかつ丼とカレーを合体させようと思ったのか?誰もが一度は食べたことがあるかつ丼とカレー、このコラボに挑戦してきました。



まずはビジュアルですが、B級グルメ感満載です。

カツ丼よりのカレーなのか、カレーよりのかつ丼なのか、全く想像がつきません。

しかし結論から言うと、食べて良かった!このコラボ素晴らしい!

蕎麦つゆの甘めの出汁が聞いたかつ丼に、カレーの風味と辛さが絶妙にマッチしていて美味しい!

最初にかつ丼がきて、後からカレーがくる。これは完全にカツカレーを上回りました。カレーかつ丼の完勝です。


この深い味わい、癖になりますよ。

富士そばに行った際は、また必ずこのメニューを頼みます。しかし攻めてるよな〜富士そば!

ご馳走さまでした。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で