• 渡邊 優

先日、同じ道場仲間でもあるアリまゆみさんの、オーラソーマセッションを受けてきました。

https://ameblo.jp/angelica777/


同じ道場仲間ということもあり、ボトルを見ながら会話は自然とパターンの話へ、一番目に付いたのが黄色のボトル、このボトルの意味が「収穫と不安」


そうです、私は新たなチャレンジをすることに対する不安があったのです。

それはホームページを作ること。

パターンは言います。「自分には無理無理、出来っこない、皆みたいに立派なもの作れない」と。


そんなパターンで見た先輩達のホームページやブログはまるで巨匠のようでした。

ちなみに私のパターンはこうです。

●自分はダメだ

なぜならば、皆と比べて文章力もないし、頭も悪いしバカだし、そんなダメな自分が作るホームページは誰も興味を持たないだろう、というものです。

白パターンは ○もう他人と比べるのはよそう。 ○今のありのままの自分で純粋に作ろう。

これを毎朝選んで作業に取り掛かるという、引きこもりの三週間だったのです。

なので、出来上がったときはちょっと誇らしかったりしました。 それは他人と比べるとかではなく、やり切ったぞという達成感や満足感です。

新たな事へのチャレンジを一つ一つクリアーしていくことがこれほど清々しく、自身を軽くさせるとは思ってもみませんでした。

そしてこれからもこの様なチャレンジや変化は続くものだと思います。

今日も明日も、しっかり選んでいこう。 そう思わせる良い経験でした。


オーラソーマから随分と脱線しましたが。

今回はこのように、まゆみさんの安心できる資質に触れながら新たな世界を案内してもらいました。

優しくもあり、力強く、現実的に背中を押してもらいました。


本当にありがとうございます

今日はこれから沖縄です。 沖縄の皆様、またお世話になります。

では、行ってまいります。



最新記事

すべて表示

尊厳

先日の今年初の茅ヶ崎セミナーでは、最近の度重なる出来事を含め、自分の課題をしっかり認識することができました。それは自分の尊厳の回復。「相手を優先し、自分が我慢することが美徳」もしくは「理解あることが良し」など、それは自分が執着から離れたくないだけの理由でした。 ついにこの時がきたか、そんな心境です。それはずーっと手放したくなかったものを認め、依存や執着から卒業していく、子供の時に絶対に手放したくな

全ての男は消耗品である・・

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエ

回復

ここ数日似たような事がおこり、あんなこと言われたくなかったのパターンが騒いで疲弊していました。しかし睡眠の力というのは素晴らしく、あれほど疲れ切っていたにも関わらず、体力も気力も回復させてしまう。まるで寝ている間にどこかで充電をしてきたかの如く、エネルギーが満ちてくるのを感じました。特にワークをした後の睡眠からの回復は素晴らしく、生まれ変わったかのような気にさせてくれます。 何の歌だったかはさっぱ

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com