• 渡邊 優

今日はこれから魂の道場、岩手グループ、沖縄グループ、茅ヶ崎グループ、また個人で道場に通っている方達が一同に会したセミナーがあります。


ここ何年かコロナウイルスの影響もあり、他のグループに出席して皆さんの顔見ることもありませんでしたが、本日やっと、皆さんの元気なお顔を拝見できます。


お会いしていなかった間、それぞれの時間をこの学びに費やし、色々な経験のもとで皆さんが学んできたかと思われると感慨深いものがあります。

それぞれの持つパターンや個性は違くても、やってきたことは同じで、一貫して自分を見ていくということでした。


それは時に見たくない自分を見、自己嫌悪に陥ったり、愕然とした時もあったと思います。

また様々なパターンとの葛藤の中で苦しい時も、辛かった時もあったと思います(自分はあった!笑)

しかし、そんな自らのパターンを一つ一つ許し、理解していく。それが成長への一歩とつながり、人が変化していく。その過程を皆さんが歩んでいると思うと、すごいなって思うんです。


何かを身につけるスキルではなく、自分を見続けて受け入れ、引っ張っていく。

それは人間の根本にある理解や許し、需要、勇気、意志力、行動力 etc、それらを使い、自らの内なる力を意識的に拡大してくからです。


一回りも二回りも大きくなった皆んなに会うのが、今日は楽しみです。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで