top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

スポーツの祭典、オリンピックが終了しました。

スポーツマンシップという心意気に感動しっぱなしでした。


特に池江璃花子選手の復活劇はまさに超人!スポンサーのミズノが離れそうになった時、必ず復活するからどうかそのままでいてほしいとミズノの担当者はお願いされ、担当者も社内の上司や仲間から反対されながら選手を信じるしかなかったと言っていました。お互いの信頼関係はもとより、病床の上での池江選手本人のとてつもない意思力を感じました。人間の意思力とはここまですごく、強く、現実を創る力があるのかと感心、いや、脱帽しました。


しかし世界の頂点を目指す者達はどこか人種を問わず、お互いをちゃんと尊重しているように見えます。それは頂点を目指す大変さや苦労、もしくはそれを超越した苦難、そういったものが分かるからなのか、どこか共通の意識を持っているように思いました。

こういう方達を、魂レベルの高い方達というのでしょう。


裏側では利権が蠢いているオリンピックも、選手達だけを見ていると、そんなことどうでもいいように思えてきます。それほどの超人的パフォーマンスと、超人的な精神力に惹かれたのだと思いました。


色々落ち着いたら、選手村に行ってみたい。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page