• 渡邊 優

スポーツの祭典、オリンピックが終了しました。

スポーツマンシップという心意気に感動しっぱなしでした。


特に池江璃花子選手の復活劇はまさに超人!スポンサーのミズノが離れそうになった時、必ず復活するからどうかそのままでいてほしいとミズノの担当者はお願いされ、担当者も社内の上司や仲間から反対されながら選手を信じるしかなかったと言っていました。お互いの信頼関係はもとより、病床の上での池江選手本人のとてつもない意思力を感じました。人間の意思力とはここまですごく、強く、現実を創る力があるのかと感心、いや、脱帽しました。


しかし世界の頂点を目指す者達はどこか人種を問わず、お互いをちゃんと尊重しているように見えます。それは頂点を目指す大変さや苦労、もしくはそれを超越した苦難、そういったものが分かるからなのか、どこか共通の意識を持っているように思いました。

こういう方達を、魂レベルの高い方達というのでしょう。


裏側では利権が蠢いているオリンピックも、選手達だけを見ていると、そんなことどうでもいいように思えてきます。それほどの超人的パフォーマンスと、超人的な精神力に惹かれたのだと思いました。


色々落ち着いたら、選手村に行ってみたい。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。