• 渡邊 優

スポーツの祭典、オリンピックが終了しました。

スポーツマンシップという心意気に感動しっぱなしでした。


特に池江璃花子選手の復活劇はまさに超人!スポンサーのミズノが離れそうになった時、必ず復活するからどうかそのままでいてほしいとミズノの担当者はお願いされ、担当者も社内の上司や仲間から反対されながら選手を信じるしかなかったと言っていました。お互いの信頼関係はもとより、病床の上での池江選手本人のとてつもない意思力を感じました。人間の意思力とはここまですごく、強く、現実を創る力があるのかと感心、いや、脱帽しました。


しかし世界の頂点を目指す者達はどこか人種を問わず、お互いをちゃんと尊重しているように見えます。それは頂点を目指す大変さや苦労、もしくはそれを超越した苦難、そういったものが分かるからなのか、どこか共通の意識を持っているように思いました。

こういう方達を、魂レベルの高い方達というのでしょう。


裏側では利権が蠢いているオリンピックも、選手達だけを見ていると、そんなことどうでもいいように思えてきます。それほどの超人的パフォーマンスと、超人的な精神力に惹かれたのだと思いました。


色々落ち着いたら、選手村に行ってみたい。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価