• 渡邊 優

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。


しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。


しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

日本精神でいうところの「気合と根性」が前面に出ていて体も硬くなっているように感じます。


この「気合と根性」これはもう時代に合わない精神なのかもしれません。

誰かと戦い、勝つための気合と根性。それが今までの日本精神だったようにも思います。


しかし、今の若い世代のトッププロを見ていると、こちらまで気持ちが楽しくなってきて、軽やかな気分にさえなってきます。それほど軽やかな気持ちで楽しんでいるのだと思いました。


きっと目指しているところがずっとずっと先にあって、そのための努力を日々しており、それを達成することが自分の喜びになっているのだと思うのです。

だからこそ人々に感動や勇気を与え、自分も頑張ろう!そんな気持ちにさせるのだと思いました。


そんな若い世代の純粋さに惚れ惚れして観戦するおじさんなのでした!

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。