top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

オミクロンBA 5

なんだかカッコイイ名前です。

最近流行り出したアレです。はい。罹ったかもです。

昨日から38〜39度の熱をウロウロして、先ほど発熱外来に行ってきました。

ですが感染爆発のため検査キットがなくなってしまい、判定までに数日かかるとのこと。

先生曰く、まあ、間違いないでしょうと。


しかし発熱外来、基本電話予約なのですがめちゃくちゃあからさまに断られました。

唯一電話で紹介してもらったところが診てくれましたが(ここも他に押し付けた感じ)先生は「まったく〜どこも断られた?」と呆れ返っている様子。その先生は全く臆することなく、普通の白衣にマスクだけ。コロナ診たくないと電話からでも不安と恐れが伝わってくる中、こんな先生がいるんだと凄く安心しました。(私もこんな先生のようでありたい)


そして処方してもらった薬が効いて、今は36.5度とほぼ平熱です。

今回のオミクロンBA5にはアセトアミノフェンが一番効くと言ってました。(市販もあります)

わずか1日の高熱でしたが、熱がある時ってどうしてこの世の終わりの気分になるのでしょう?

私だけか?いずれにしても、10日間は自宅待機です。


皆様もどうぞお気をつけください。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page