• 渡邊 優

エッセンシャル思考を読みました。

一言でいうと、シンプルに生きる。


この本を読んで、すごく大事なことだと改めて気付かされました。今すぐにでも実践していきたいものです。

やりたくもない、行きたくもないのに断れなかったことにキチンとNOと言うことや、使わないものをいつまでも持っているものを処分したりと、あらゆる物事をシンプルに、そして一番必要なものごとにエネルギーを集中する。

そうすることで、後悔のない人生を生きること。人生の本質だけを生きる、これを目標にして欲しいと著者は言います。


また著者はこんな例も上げています。

看護師が、死を迎える患者たちに最後に後悔していることを聞き、記録した内容です。

その結果、最も多かった答えは「他人の期待に合わせるのではなく、自分に正直に生きる勇気が欲しかった」とのことでした。


どれほどの人たちが他人の評価や顔色を伺い、死に行く間際で後悔しているのか。

恐らくそこにあるパターンは、期待に応えなくてはいけない、期待を裏切ってはいけない、嫌われたくない、ダメなやつだと思われたくない、他人の評価が怖い、大切にされたい、などなどだと思います。

自分の今回の人生は一度きりの尊いものです。

これらのパターンをしっかりとケアして、勇気を出して間違いを恐れずに挑戦し、存分に自分の人生を生きてみよう。そう思います。


そのためには、「今自分は正しいことに力を注いでいるか?」と問い続けるのがいいと著者は言います。「本当に重要なのは何か」それ以外は捨てていいと。


私にとっての本当に重要なのは「それは魂の成長となるか」

これも今生の新たな試みの一つとなりそうです。


シンプル イズ ベスト ですね。



最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価