• 渡邊 優

先日のエアコンの故障が、塩害での基板の腐食が原因とのことだったので、流石に6〜7年で壊れるのもどうかと思い、エアコンのメンテナンスと腐食を抑える基板処理のDIYを行いました。


調べた所によると、沖縄のエアコン事情は塩害が酷いので、電気屋さんがエアコン設置の際に塩害の処理をする動画がありましたので、真似ての作業です。


この手の作業、実はかなり好きで、施工内容をしっかりと確認の上、必要部材と工具を揃えていざ室外機の分解。そして目的の基板(制御装置、エアコンのICUです)までやっとたどり着き、腐食防止塗料の塗布とモーターへの塩害対策、土台とガス漏れを抑える錆止めの処理と、プロの域まではいきませんが、素人でやれるところまでやり、無事に動作を確認して終了!


機械というハッキリした対象を相手に、状態と機構を確認しながらの作業は本当に面白かった!

男性特有の、物を作り上げる喜びを味わえたのもよかったです。



最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、