• 渡邊 優

先日のエアコンの故障が、塩害での基板の腐食が原因とのことだったので、流石に6〜7年で壊れるのもどうかと思い、エアコンのメンテナンスと腐食を抑える基板処理のDIYを行いました。


調べた所によると、沖縄のエアコン事情は塩害が酷いので、電気屋さんがエアコン設置の際に塩害の処理をする動画がありましたので、真似ての作業です。


この手の作業、実はかなり好きで、施工内容をしっかりと確認の上、必要部材と工具を揃えていざ室外機の分解。そして目的の基板(制御装置、エアコンのICUです)までやっとたどり着き、腐食防止塗料の塗布とモーターへの塩害対策、土台とガス漏れを抑える錆止めの処理と、プロの域まではいきませんが、素人でやれるところまでやり、無事に動作を確認して終了!


機械というハッキリした対象を相手に、状態と機構を確認しながらの作業は本当に面白かった!

男性特有の、物を作り上げる喜びを味わえたのもよかったです。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で