top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日のエアコンの故障が、塩害での基板の腐食が原因とのことだったので、流石に6〜7年で壊れるのもどうかと思い、エアコンのメンテナンスと腐食を抑える基板処理のDIYを行いました。


調べた所によると、沖縄のエアコン事情は塩害が酷いので、電気屋さんがエアコン設置の際に塩害の処理をする動画がありましたので、真似ての作業です。


この手の作業、実はかなり好きで、施工内容をしっかりと確認の上、必要部材と工具を揃えていざ室外機の分解。そして目的の基板(制御装置、エアコンのICUです)までやっとたどり着き、腐食防止塗料の塗布とモーターへの塩害対策、土台とガス漏れを抑える錆止めの処理と、プロの域まではいきませんが、素人でやれるところまでやり、無事に動作を確認して終了!


機械というハッキリした対象を相手に、状態と機構を確認しながらの作業は本当に面白かった!

男性特有の、物を作り上げる喜びを味わえたのもよかったです。



最新記事

すべて表示

先日予定しておりました「自分でできる心のケア講座」ですが、台風による欠席多数のため中止とさせていただきました。楽しみにしていただいた方、また直接会場にきていただいた方、大変申し訳ございませんでした。 次回開催の際には改めてお知らせいたします。 また前回メールを頂いた方には次回開催が決まり次第お知らせのメールをいたします。 この度は申し込みいただきましてありがとうございました。 皆様の心の健康作りを

先日のセミナーで習ったことに、同事という言葉があります。 相手の立場に立つという意味です。そしてこの同事、試してみるとかなり難しいです。 相手の立場に立とうとしてもついつい自分の考えや思いが出てきて、100%相手の立場に立つことが自分を捨てていかないと無理だということに気がつきました。自分の考えや思いというのは、こうあるべき、こうあって欲しいという私のパターンです。これが動くと、相手にそれを言いた

2極のことを考えた時、よく言われるのは、ポジティブはいいことで、ネガティブはダメなもの… 私自身も以前はそう思っていました。しかし最近思うのは、どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらにも役割があるのでは?ということです。 ネガティブな感情やパターンのお陰で、自分に気づくことができるし、方向修正しながら、私を育てることができます。またそのお陰で危険を察知することもできそうですし、回避することもでき

bottom of page