• 渡邊 優

ここ最近、嫌われる体験を通して、もう随分と昔の出来事を思い出していました。

それは小学生の頃に虐められた体験です。友達に無視され、からかわれ、仲間外れにされた幼き頃の出来事です。当時テレビゲームが流行っており、友達の家にゲームをしに遊びに行ったところ、友人何人かに居留守をされ、傷つき、一人寂しく帰ったのを覚えています。確か小学校の3〜4年生の時だったと思います。その当時のインナーチャイルドに会いにいっていました。彼は酷く傷つき、自分が何かしたのか?何か嫌われるようなことをしたのかと気に病んでいました。そんな彼は私に抱きつき、ずーっと離れないでいました。それは今も変わりません。


今回インナーチャイルドから教わったことは、昔のことだから、終わったことだからで、片付けてはいけないということです。確かに昔のことかもしれませんが、当時傷つき、思い悩み、そして小学生ながらに自分を責めた自分が確かにいました。その体験を通して、嫌われたくない、虐められたくないというパターンが育ってきたのも確かです。そして今こうしてやっと、インナーチャイルドとして出てきてくれた彼を受け止めることが出来た、救うことが出来たのです。


嫌われたり、虐められた経験というのは思い出したくないことかもしれません。

特に男性からしたら、情けないこと、弱いこと、カッコ悪いこと、惨めなこととして封印したい出来事なのかもしれません。しかし素直な当時の自分を受け止め、救っていくということは、本来の自分を楽にしていくことだとも思います。


今回は嫌われるという体験を通して様々なことを学ばせてもらっています。

ある意味、露骨に嫌ってくれた彼に感謝だなと思います。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価